トピックス

rss
2016/09/09
愛信興信所の公式ブログより 「浮気の慰謝料とは??」
愛信興信所の公式ブログより 「浮気の慰謝料とは??」
お久しぶりです。愛信興信所の探偵調査員Rです。
今回は、浮気が原因で離婚に至った場合の慰謝料について書いてみようと思います。

配偶者が浮気をした場合、慰謝料の請求が可能です。
まず、皆さんが一番気になっている、慰謝料はいくらか?なのですが、慰謝料については明確な基準がありません。
別居せず夫婦関係を継続する場合、浮気が原因で離婚に至った等、状況により変動しますが一般的な相場としては、50万~500万位です。
配偶者の浮気によって家庭環境が崩れ、今後の生活も一変する事を考えると安く感じますが一般的な金額はこの位が相場になっています。

浮気に関して慰謝料を請求する為には、『配偶者が浮気を行い、主にその浮気が原因で離婚に至った!!』との証拠が必要になります。


では、慰謝料が認められる様な浮気の証拠とは何なのか?

それは、誰がみても浮気関係にある、性交渉があると連想させる様な証拠が必要になります。
その為デート現場の写真、メールだけでは、浮気の決定的な証拠にはなりません。まず、デート現場の写真ですが、デート相手と不倫関係にあったとしても様々な言い訳ができてしまう為、デート写真だけでは証拠として弱いです。
次にメールのやり取りですが、メールだけの証拠でもやはり様々な言い訳ができる(メールはやり取りしていたが実際には会っていない等)為、これだけでは証拠としては弱いです。
証拠として大きな効力があるのは、デート現場ではなく、言い訳できない様なラブホテルへの出入り現場、浮気相手宅への出入りなど、調査で得た決定的な浮気現場を押さえた証拠が必要です。

ラブホテルに関しては一般的に性交渉を行う場所として認知されていますので、配偶者がいくら言い訳をしてもほぼ認められません。
浮気相手宅への出入りに関しては、浮気相手との関係性により様々な言い訳が思い浮かびますが、証拠の回数を重ね、デート現場写真等と合わせる事で浮気相手との関係性が明瞭になり、言い訳できない強い証拠となります。

浮気に関する慰謝料は、浮気が原因で離婚に至った事実を証明する必要があります。なので、1度切りの性交渉では、請求が難しかったり、請求できても金額が少額になる場合が多いです。
やはり継続して浮気が行われた証拠を集めねばなりません。
離婚を前提に証拠を固めたい、慰謝料を貰いたいといった場合、継続した浮気を証明する為、ラブホテル、浮気相手宅への出入り現場を2~3度証拠に収め、浮気が1度切りではない、浮気によって、精神的に損害を受けた事を実証する必要があります。


簡単に書きましたが、浮気の慰謝料についてもっと知りたい、離婚について相談したい方は、愛信興信所の相談窓口までご連絡いただければ無料で相談いただけます。
それでは、また機会があれば書いてみようと思います。
探偵調査員Rでした。



福岡で浮気調査、自宅・勤務先特定、素行・行動調査、身辺調査など様々な調査を行う探偵事務所 愛信興信所
愛信興信所の先頭へ戻る